普段は気にならないことも

無意味なものはないって。w-inds.の歌詞和訳、自分用メモを兼ねて。カバー曲の原曲も紹介できたら。

Rock it

(1)Rock it…ロックに決めろ

(2)Freak show…熱狂的なショー

(3)Top of the world…世界の頂点

(4)Scream!…叫べ!

(5)Shout!…叫べ!

(6)Break it out!!…暴れよう!!

(7)set me free…自由にやらせて

(8)Hit on the floor…床を打ち付けて

(9)Wall…壁

(10)Dance!! Move your body…踊れ!!

(11)Let's bring it on…やりたいように

(12)Let's party from dusk to down…日が沈んでからパーティーを始めよう

 

音楽のロックと言う意味で。
(4)は甲高い声で、(5)は大きな声でという違いがあります。
ライブでは間奏の部分を使って慶太君がソロダンスを披露してくれましたが、歌付きは未発表です。

Urban Dance

(1)Urban Dance…流行りのダンス

(2)Happy birthday to you…誕生日おめでとう

(3)Just like being on the dance floor…ダンスフロアにいるみたいに

(4)Urban stance…都会的な態度で

(5)Night flavor…夜の香り

(6)Pump up the volume…ボリュームを上げて

(7)Gimme the beat…ビートをくれ

 

〈Urban〉には『都会的な』という意味があります。ダンスが熱い曲です。面白みを含みつつも、3人のスキルの凄さを思い知らされるパフォーマンスになっています。
緑の光線が印象深いです。涼平君のコーラスがよく聞こえるので、ハマったファンの方も多いのではないでしょうか

LOVE

(1)LOVE…愛してる

(2)Story…物語

(3)memorial days…たくさんの記念日

(4)you're so beautiful…君はきれいだ

(5)day after day…来る日も来る日も

 

永遠の愛を誓うバラードです。
ボーカルはもちろん、2人のコーラスが完璧ですんなり耳に入ってきます。

New Day

(1)New Day…始まりの日

(2)I'm on New Day…今日は始まりの日

(3)Shining New Day…輝かしい日

(4)Deep…深い

(5)Feeling…感覚

(6)with you…君と一緒に

(7)Just a New Day…そう今日は始まりの日

(8)Feel it New Day…何かが変わるんだ

(9)we are…僕らは

(10)Sensing…感覚

①コバルト…淡い群青色

 

ギターがカッコイイです。
ライブ中ダンサーさんの手袋を使ったダンスに注目しました。すごくおもしろいです。

TOKYO

(1)TOKYO…東京

(2)Never regret…決して後悔しない

(3)I keep on dreaming…僕は夢を見続ける

(4)I can't stop now…今は止まれない

(5)Everybody keep on dreaming…みんな夢を持っているんだ

(6)gonna make success story…サクセスストーリーを作り上げるんだ

(7)Cannot go back home now…まだ家には帰れない

①謙り…他の人を尊敬して自分を卑下すること。

②疎ましい…遠ざけたい気がする

 

3人がこのアルバムで一押ししている曲です。(4)以降は龍一君のラップの私のヒアリングなので、正しくはないと思います。
一人暮らしをしていないけど、すごく気持ちが伝わってきました。

 


TOKYO / w-inds.

Hello

(1)Hello…ねぇ

(2)I smile…ほほ笑む

(3)I stay…ここにいるよ

(4)Are you the one?…君の一番は何?

(5)I'm dreamin' of…僕は夢見ている

(6)I want you to know…君の事をもっと知りたい

(7)You're the one…君が一番大切なんだ

(8)I'm lookin' for…探している

(9)I'm wishin' for…望んでる

(10)I'm lovin' for…愛してるよ


Helloはこんにちは、の挨拶よりも

呼びかけのイメージで。
慶太君のHelloの歌い方がとても優しくて大好きです。 ライブでは龍一君がギターを弾いていました。

RELOADED

(1)RELOADED…弾丸をこめ直す

(2)I always…いつでも

(3)I'm tired…疲れた

(4)Love is fantasy…愛は空想

(5)No matter why…たとえ理由なんか無くとも

(6)Life is mystery…人生は未知

(7)Dancing now…踊ろう!!

①番茶も出花…番茶(摘み残りで作った品質の劣るお茶)も入れたてはおいしいという意味から、どんなものでも盛りの時は一番いいということ

②光陰矢の如し…月日が早く過ぎていくことのたとえ

 

慶太君、涼平君の龍一君に対するイメージの歌。特に出だしのところらしいです。
この曲は慣用句が出現してきたりと、ちょっぴり変わっています。イメージはウエスタンですね。
ライブでは自由に踊っているのが印象的でした。