普段は気にならないことも

無意味なものはないって。w-inds.の歌詞和訳、自分用メモを兼ねて。カバー曲の原曲も紹介できたら。

No matter where you are

(1)No matter where you are…君がどこにいても

(2)Say goodbye…さよならを告げるよ

(3)Always in my mind…いつでも心の中で

(4)Keeping on Moving on…やり続ける動き続ける

(5)I see you…君が見えている

(6)I hear you…君の声が聞こえるよ

(7)I feel you…君を感じるんだ

(8)I'm with you…一緒にいるよ

(9)Memory…思い出

(10)Don't worry…心配しないで

(11)I need you…君が必要なんだ

(12)Living a happy life…幸せに過ごしている

(13)I'm always with you…いつでも一緒にいるよ

 

 

 

歌い出しからサビまで慶太くんの高音が響きます。

もちろん涼平くん、龍一くんのパートも素敵です。

Drop Drop

(1)Drop Drop…涙を流す

(2)All okay…全て良し

(3)Nothing can hold me back…引き止めることができるものは何もない

(4)Last good bye…最後のさようなら

(5)Just time is passing by…ただ時間が過ぎていく

(6)I don't know what I'm missing…失ったものが分からない

(7)But I know clock is ticking…でも時計は針を刻み続ける

(8)No…できない

(9)Keep on moving…動き続けている

(10)I don't care…気にしない

(11)Because I don't give a Ha Ha…少しも笑うことができない

(12)Nothing is on my mind…何も残らない

(13)I never never drop drop tears for you…君のために泣いたりなんかしない

(14)Lonely night…寂しい夜

(15)Easy love…軽い気持ちの恋

(16)Just knocking on my heart…心を叩くんだ

(17)I don't know…分からない

(18)This is wrong Don't you say it…間違ってるなんて、そんなこと言わないで

(19)How can I let it go…どうやって進んで行こう

(20)This is how I love…これが僕なりの愛しかた

 

タイトルはドロップドロップそのままの音の方がキレイですが、一応訳しました。
フェスなどでもよく披露されましたが、途中で曲が終わったと思ってしまい、思わず拍手したくなってしまう一曲です。

Treasure

(1)Treasure…宝物

(2)Dreaming of you…君のことを夢にみる

(3)Don't wanna say “good bye”…「さよなら」なんて言わないで

(4)Someday…いつの日か

(5)“bye-bye”…バイバイ

(6)When we are apart…離れ離れになるとき

(7)Don't be afraid…怖がらないで

(8)Time after time…何度も何度も

(9)Life is Treasure…人生は宝物

(10)Time goes by…過ぎていく

(11)Like your mom…君のお母さんがしたように

(12)Like your dad…君のお父さんがしたように

(13)Make stronger…強くする

(14)If we got lost…もし道に迷ったら

 

慶太くん作詞作曲です。前向きな明るく優しい曲です。

Backstage

(1)Backstage…バックステージ。舞台裏

(2)Front to back…下がっておいで

(3)Get in there…参加しよう

(4)Have a fun It's so so easy…楽しむのなんてとっても簡単

(5)Be the girl of wild wild baby…大胆な女の子になって

(6)The sunshine…日差し

(7)Get sunburn…日焼けしよう

(8)Stage…ステージ

(9)Come Come Get in…こっちへおいで

(10)Let's go!…さあ行こう!

(11)Come on!…おいで!

(12)Style…スタイル

(13)First place…1位

(14)Come with me…一緒に行こう

(15)Message…メッセージ

(16)Runway…ランウェイ、ショーなどでモデルが歩く道

(17)On the beach…砂浜で

(18)We'll be ready for it…準備はできてるよ

(19)Naked…丸裸

(20)It's not done yet…終わってないよ

(21)SPF…紫外線を防止する数値

(22)Sunset…夕日

(23)I won't forget this summer forever…永遠にこの夏を忘れたりしないよ

(24)Love me…僕に振り向いて

(25)I like the way you move & dance…こんな風に君と踊ったりするのが好きなんだ

ヒートアイランド…都市部が周辺に比べて高温になること

コンバーチブル…オープンカーの一種。前出記事参照にしてください。

cafeofwindy.hatenablog.com

 


トロピカルサウンドが流行り出した頃に、発表されました。
バックステージ、なかなか当たらないので憧れます。

 


Backstage (30s SPOT) / w-inds.

FUNTIME

(1)FUNTIME…楽しい時間

(2)Main street…メインストリート

(3)Weekend…週末

(4)High heel…ハイヒール

(5)Gotta feeling…予感がしたんだ

(6)Wake up…目を覚まして

(7)Tonight Tonight, Starring actress…今夜の主演女優

(8)Love story…ラブストーリー

(9)Jazzin'…ジャズが鳴り響く

(10)Turnin' round round round…回り始める

(11)Downtown…ダウンタウン、繁華街

(12)We're gonna have a FUNTIME…楽しい時間を過ごそうよ

(13)Limousine…リムジン

(14)Red wine…赤ワイン

(15)Get up…起きて

(16)Give you Give you Million roses…百万本のバラを君にあげよう

(17)Swingin'…リズムに乗って

(18)Coming to the downtown, Wanna have a FUNTIME…街へ繰り出して、楽しい時間を過ごしたい

(19)Coming to the downtown, Shining bright neon lights…街へ繰り出して、ネオンが光輝いているよ

(20)Say…言って

 


ライブではファンの為の時間、と言ったところでしょうか。ダンサーさんに選ばれた一人がステージに上がってw-inds.と楽しい時間を過ごす、という演出がありました。

Smile Smile Smile

(1)Smile Smile Smile…とびっきりの笑顔

(2)Just One Smile…その笑顔一つで

(3)Get Ready…準備して

(4)This Simple Song…この着飾ってない歌を

(5)We Need Your…君の◯◯が必要なんだ

(6)Happy Happy Happy…とってもハッピー

(7)Energy…エネルギー

(8)Beauty Beauty Beautiful…とても美しい

(9)Ring…輪

(10)I'll Make you…君を笑わせるから

(11)It's So Fantastic!…素晴らしい!

(12)Open Up Your Eyes For Better Days…しっかり目を開けて、素敵な日々が始まるから

(13)No You're Wrong…そんなことない、間違ってるよ

(14)It's yourself…君自身

(15)This Simple Dance…単純なダンスを

(16)Welcome To The Planet Smile…ようこそ笑顔の星へ

(17)Hope You Enjoy Your Stay…楽しく過ごしてね

(18)Taboo…禁止事項

(19)Together Forever…ずっと一緒にいられる

(20)You & Me Let's Sing A Song…さあ一緒に歌おう

(21)To Make The Planet Shine Blue…この星を青く輝かせるために

(22)Show Your Smile Smile Smile…とびっきりの笑顔を見せてよ

(23)Hero & Heroin…ヒーローとヒロイン


①不協和音…不調和な関係を音で例えたもの

 

スマイルが三回続くタイトルだったので、意訳しました。
ライブでは涼平くんとダンサーさんが、手すり無しのセグウェイでステージをくるくる回っていました。